マットレスは比較検討して選びましょう

マットレスを選ぶ場合には価格や他の利用者による評価だけでなく、硬さや寝心地を比較検討することが大切です。

例えばボンネルコイルと呼ばれるタイプのスプリングが使われたマットレスは、他のタイプと比較して安いという特徴があります。しかしこのタイプのマットレスは硬めなので、体重が軽かったり柔らかい寝心地を好む人には向いていません。硬過ぎるベッドで寝ていると、体重で背中がうっ血したり寝苦しくて睡眠不足になる可能性があるので注意が必要です。

体重が重いため柔らかいマットレスでは沈み込み過ぎてしまうような場合には、硬めのボンネルコイルタイプが適しています。人間が立っている状態では足の裏だけに荷重がかかっていますが横になると頭部や胸部、骨盤の3箇所に荷重がかかります。柔らか過ぎるマットレスで寝た場合には3箇所が過度に沈み込んで不自然な姿勢になるため、肩こりや腰痛などになる可能性が存在します。ベッドを選ぶ際には価格や見た目、他の利用者による評価などに注目しがちですが硬さや寝心地も十分確認する必要があります。

一般的には体重が80kgを超えるような場合だと硬い寝心地のベッドが適しているとされており、60kgから70kgまでであれば柔らかめのベッドでも問題ないとされます。以前は硬いベッドの方が健康によいとされていた時期もありましたが、科学的に立証されたわけではありません。自分の体重や体格、好みに合うかどうかを比較して快適に眠れるベッドを選ぶことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *