マットレスの寿命比較と寿命を延ばす方法

ベッドに使用するコイルスプリングマットレスは、使い続けていくと経年劣化を起こし、7~10年ほどで寿命を迎えます。

少しでも長持ちさせるための方法はないのでしょうか。一般的な寿命を延ばす方法としてよく用いられるのは、定期的にマットレスをひっくり返したり、上下左右を反対にしたりする方法です。これによりいつも体圧がかかる腰や背中の部分があたる面を変えることができ、凹みが発生するのを防止したり、遅らせたりする効果が期待できます。

これをするのとしないのとでは、両者を比較すると少なからず差となって現れてくるでしょう。ただマットレスをひっくり返したり、上下を逆さに動かすのは比較的力のいる作業となるので、腰を痛めないように注意が必要です。次に、マットレスの上にベッドパッドやトッパーを敷く方法ことによって寿命を延ばしたり、寿命が近づきの寝心地が悪化してしまったものを改善させることができます。

コイルスプリングの上に寝ると、腰や背中など体重がかかる部分から凹み生じるようになります。しかしベッドパッドやトッパーを敷くことで、直接腰や背中があたることことを避けることができ、部分的に強く体重がかかることを防ぎます。ベッドパッドやトッパーの品質にも左右されますが、こちらは使い捨て感覚で選ぶと良いでしょう。マットレスそのものの寿命を比較すると、やはり高級なものほど耐久性は高い傾向があります。繰り返し耐久テストを行っており、耐久性の高さが実証されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *