睡眠環境を整えるマットレス

1日の疲れを癒すには、ゆっくり眠ることが一番です。

眠っている間に細胞が再生されたり、脳もしっかり休ませることができるので、朝起きたときに昨日の疲れが消えているのです。ただ疲れが激しいときや、身体のダメージが大きかったときは、1日寝たくらいでは完全に回復しないことも多いです。また、睡眠環境が良くないと、同様に疲れが残ってしまうことがしばしば起こります。睡眠環境に関しては、色々な側面があります。たとえば、部屋を暗くしたり、温度や湿度を快適に整えたりすることも大切です。部屋が明るいと睡眠が妨げられてしまいますし、温度や湿度が高いと寝苦しくなります。

夏の暑い時期はエアコンをかけて睡眠環境を最適に整えることが、翌朝の目覚めの良さにも大きく関係してくるのです。また、マットレスも重要です。マットレスの品質が悪かったり、寿命を向えているのにいつまでも使い続けていると、身体の疲れを取るどころか、逆に身体にダメージを残してしまうことも少なくないのです。眠っているときというのは、同じ姿勢のまま長時間マットレスに身体を預けることになります。

そのときの寝姿勢がとても重要で、腰が曲がっていたり首が曲がっていたりなど寝姿勢が悪いと、寝違えたり腰痛の原因となったりするのが注意が必要です。品質の良いマットレスは、寝姿勢が最適になるような構造となっているのでおすすめです。また、できる限り寿命の長いものが同じ寝姿勢をキープできるので良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *